バイクやスマホなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

大河ドラマ「真田丸」の舞台 信州上田に行ってきました。

Zenfone3で撮影したので全体的に細長いです。

新幹線で大宮から上田駅まで約一時間。
自由席が混んでて高崎まで立ってました・・・
20161118_009.jpg

信州は長野県上田市に到着。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

目的の上田城に行くのもいいけど、真剣線の窓から見えた川が綺麗だったので反対側に向かう。
大胆な行き先変更は一人旅の醍醐味。


20161118_010.jpg
上田駅反対側(南口?)

20161118_012.jpg
いい風景の河川敷。千曲川です。
読み方がわからなくてTwitterでフォロワーに聞いたら「ちくまがわ」と教えてもらいました。
艦これにいたような気がしたので調べてみたら「筑摩」が当時の名前で、現在は千曲川と表記するようになったそうです。

20161118_020.jpg
駅構内を通って戻る。
これは上田電鉄の乗口。

20161118_021.jpg
大河ドラマとの舞台としてアピールがされてました。
大河ドラマ館なんてのもあるんですねえ

20161118_025.jpg
上田城へ続く道は緩やかな上り坂です。しかし雲一つないいい天気だなあ

20161118_027.jpg
上田城前交差点。
電線がなくなって山の紅葉がよく見えます。


いざ上田城へ
20161118_028.jpg
城門の手前に大河ドラマ館はありました。
団体観光客がいっぱいいたので今回はスルー。

20161118_030.jpg
上田城城門。ご年配の観光客が多め。
ルートによっては回覧券の購入が必要な模様。

20161118_034.jpg
城門手前に鮮やかな紅葉を発見。
根本で記念撮影してる人が多かった。


20161118_040.jpg
眞田赤備え兜のオブジェクト。
ここも記念撮影スポット。

20161118_044.jpg
眞田神社。
上田城と言っても白があるわけではなく、上田城跡公園として神社と公園を観光する場所となってます。
神頼みしない主義だけど(そもそも神様祀ってない神社)5円だけ賽銭箱に入れてお参り。
神社に入って礼を欠かすとなんだか失礼な気もするので参拝の形だけでも・・・


20161118_045.jpg
交通安全ステッカーを購入(1枚500円)
カブの箱に貼りましょう


20161118_047.jpg
青空とのコントラストが良い。
観た時はもっと鮮やかだったんだけど、Zenfone3のカメラだとなんだか鮮やかさが足りない印象。


20161118_056.jpg
上田でしか食べることができないという美味(おい)だれ焼き鳥を購入。4本で500円。
なかなかうまいけどどこかで食べたバーベキューソースの味がした。

20161118_060.jpg
上田市観光会館売店にある真田幸村像。駅前にもありましたね。

20161118_062.jpg
信之どうでしょう煎餅。店の人の話によると「黙れ小童!」煎餅もあるそう。(売り切れ)
六文銭とか名セリフは商標登録ないから使いやすいだろなーとか考えたり



20161118_064.jpg
向かいにある上田市立第二中学校。和風でモダンなデザイン。
坂の下に住んでる生徒は通学大変そう。


20161118_067.jpg
帰り道上田駅前の遊歩道にて。
天気がよく日光が暖かな一日でした…


今回の旅の感想
・大河ドラマの放送中ということで観光地としての盛り上がりを体感。
・Zenfone3のカメラ性能に不満。本体からレンズが出っ張る構造の割には一昔前のコンデジ以下の質感。
・新幹線は指定席で行こう


来週は大阪に行きます。
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://soomei2.blog133.fc2.com/tb.php/268-6a97919d
 

プロフィール

 

そーめい

Author:そーめい
そーめい時事へようこそ!
スーパーカブ110のカスタムや写真などを載せていきます。
たまにカレーを食べています。

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QR

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。