バイクやスマホなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

カブ110にアイリス箱(RVBOX460)を取り付けた

DSC_0110.jpg

RVBOX(通商:アイリス箱)をカブに取り付けてみました。
以前はGIVIのE33を使っていたんですが、形状が丸っこくて容量が活かせてないことから
四角いものに変えてみることに。値段も手頃。さらに、バイク積載に特化した形状になってます。


アイリスオーヤマ 密閉RVBOXカギ付 460 グレー/ダークグレーアイリスオーヤマ 密閉RVBOXカギ付 460 グレー/ダークグレー
()
不明

商品詳細を見る




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

DSC_0111.jpg
カブのキャリアの固定にはホームセンターで売ってる拘束ベルトを使用。
幅25mmくらいでバックルや留め具の付いたものが数百円で入手可。
長さは1mあれば十分だと思う。


DSC_0106.jpg
箱にはベルトを通す構造があるのでそれを活用する。
上部と下部の通し穴とキャリアを拘束ベルトで固定するのだ。


DSC_0108.jpg
下側の通し穴にベルトを通してキャリアに回す。
通し穴の両端の距離が、キャリアの幅より狭いため、斜めに傾いてしまう。
固定するとずれたりしないが、気になる人はリューターなどで角を削るといいと思う。

キャリア前後のフック部分?に外から回すようにベルトを固定しておけば、
ベルトを緩めるだけでキャリアから取り外すことが可能となる。
箱自体、椅子替わりに使用できるので、キャリアから簡単に外せるのは便利だ。


テストがてら買い物に行ってみた。前につけてたGIVI E33とも比較してみる。
■固定のガッシリ度
 E33は汎用ベースを、4点ボルト締めしてその上に固定するため、安定性はバッチリだった。
 RVBOX460は拘束タイで縛り付けているだけなので、若干不安はあったが、
 運転中に寄りかかってもそんなにずれない。ガタゴト音もない。
 ただし、坂道などで前傾すると少しずれたりする。
 あまり無茶なことは出来なさそうだ。

■反射板
 DSC_0119.jpg
 E33と違って赤い反射板はついていない。
 念のためスマイルマークの反射板を買って、取り付けた。
 が、これだけだと何かマヌケなので細い板状の反射板を上部に貼り付けることを検討中。

■収納しやすさ
 DSC_0113.jpg
 ヘルメット・工具・キャンプ用品を入れてみた状態。まだ余裕あり。

 E33は貝殻を真ん中から2つに割ったような形で、
 高さの制限がわかりにくく、デッドスペースが多かった。
 この箱は容量30リットルで、GIVIより3リットル小さいが、
 深さがたっぷりあって形状も四角でスペースを有効活用しやすい。

 
DSC_0125 (2)
2リットルのペットボトルを縦積み可能。
拘束ベルトの高さ+5センチ位くらいならOKみたいだ。


■RVBOX460の問題点
 GIVI箱に比べると剛性は全然ダメです。やはり平面が多く板も薄いので
 荷物を押し込んだりするとすぐに変形します。詰め込みすぎは危険。
 もう少し重くなってもいいから板厚を上げて欲しかったかな。

 あとフタは簡単に取れます。横にずらすとポロッとオチます。
 パチンと停める構造が欲しかった。

 鍵はついてるけど、ドライバ一本で壊せるような構造なので
 セキュリティは気休め程度。あんまり高級なものは入れておかないように。


これでキャンプにいって、実際の使い勝手を試してみようと思います。
夏休みはまだあるけどなるべく早く準備を終わらせたいなぁ。

 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://soomei2.blog133.fc2.com/tb.php/241-134104b0
 

プロフィール

 

そーめい

Author:そーめい
そーめい時事へようこそ!
スーパーカブ110のカスタムや写真などを載せていきます。
たまにカレーを食べています。

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QR

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。